2013年3月18日月曜日

ジャガイモの超浅植え・開始

昨年、プランターでジャガイモの超浅植えを試して良い結果を得ることができました。

そこで、今年はプランターではなく、庭の畑で実践してみることにしました。
今年用意した種芋はキタアカリ。小さな種芋の大きさは約40g。二つに切るにはちょっと小さいけれども、芽が出てきそうなところはたくさん。超浅植えにするにはちょっと困るなと悩んだ結果、植え付ける前に余計な芽を欠いておくことにしました。半球の片側だけに芽を二つ程度残しておきました。
広い畑があるといいのですが、利用できるのは庭の畑の片隅のわずかなスペースだけ。この小さなスペースに芽かきをした種芋を植え付けました。

プランターで試したとき同様、ちょっと掘って種芋を載せて、軽く土をかけるだけです。
最後に黒マルチを被せて完了。後はマルチの下で芽が出て来るのを待つばかり。

畑と言っても畳一畳よりも少し広い程度のスペースなので、深く掘り起こさなくて済む超浅植えは相性がいいと期待しています。この端っこの狭いスペースでちゃんとジャガイモが収穫できると画期的かも。

0 件のコメント:

コメントを投稿