2013年1月20日日曜日

簡易プランター温室・復旧

風で倒れたりと試練が繰り返される簡易プランター温室ですが、先週の雪の重さでビニールに穴が空き、ぶすっと支柱に串刺しとなってしまいました。

透明ビニール、高かったのに・・・
とりあえず、穴の空いた場所を避けて、ビニールを張り直しました。

予想はしていましたが、この大きさの無加温温室だと毎晩土が凍る、昼間融けるの繰り返しで、ろくに育たないですね。

2013年1月15日火曜日

チンゲンサイの室内栽培・24日目

チンゲンサイを定植してから、気温の低い日が続いています。

屋内と言っても一日中室温が高いわけではないので、夏のように4~6週間で収穫というわけにも行きません。
6号鉢に植え付けたチンゲンサイは本葉が2枚になりました。
ヨーグルト容器に植え付けたものは、それぞれ3枚目の本葉が出てきています。

3週間経ってもまだこの大きさですから、冬場の野菜栽培は気長にやらなければならないですね。

2013年1月6日日曜日

チンゲンサイの室内栽培・移植

室内栽培中のチンゲンサイ。6号鉢に直接種を蒔いたものは発芽率が非常に悪く、それぞれ5粒ずつ種まきをして、発芽したのが1個だけ。そのため9cmポットで育てていた物を移植しました。
自作スリット鉢がさらに4つできたので、こちらもポット植えの苗を移植しました。

それぞれ、米ぬか発酵堆肥を2gずつ与えて、バーク堆肥でマルチングをしておしまい。陽の当たる暖かい窓際に置いてあります。

2013年1月4日金曜日

ラナンキュラス栽培

今年は初めてラナンキュラスを栽培しています。

はじめは花壇に直接植え付ける予定だったのですが、花壇の準備が間に合わなかったので、ポットで栽培し、少し育ってから植え付けることにしました。
2012/11/09 袋から出したばかりのラナンキュラスの球根です。乾燥して知らなければ球根だとは分からないでしょう。急に水を吸わせると裂けて腐ることがあるというので、水を吸わせたバーミキュライトの上で育てることにしました。
2012/11/10 水を吸わせて一晩でこの通り。こんなにも膨らむ物かと驚くばかり。
2012/11/13 早くも根のような物が出てきています。さっそくポットに植えました。
2012/12/10 ポットに植え替えてから約一ヶ月。芽が出てきました。一番最初に芽が出たものは虫に食べられてしまいました。残念。
2012/12/22 かなり大きくなってきました。そろそろ定植のタイミングを検討中です。
2012/12/31 まだ定植しないままでいます。実は定植予定地に未だガザニアが花を咲かせているのです。ちなみに左端中段のポットが虫に食われた苗です。復活しました!

いいかげん、花壇に定植することにしましょう~。

2013年1月3日木曜日

ミズナの室内栽培・徒長苗の定植

芽が出た直後に曇り空が続き、徒長してしまったミズナの新芽。向きを180度変えて日光浴中です。
とはいえ、このまま伸びすぎて耐えれてしまっても困るので、年末に作っておいたヨーグルト容器の自作スリット鉢に植え替えることにしました。今日の時点ではとりあえず2本ずつ移植して、後で1本間引きます。
余った苗は屋上のプランター2つに定植。霜柱対策としてバーク堆肥でマルチングしました。
そして、プランタービニール温室も復活しました。また倒れないように、写真を撮った後手前に別のプランターを並べておきました。

部屋の中とビニール温室でどの尾くらい生長に差が出るのか、興味深いです(忘れてはいけない、まだ1月3日なのです)。

雑草で堆肥作り・6日目

雑草で堆肥作り・6日目
うっすらと白いカビが広がり始めています。外気よりも5度程度温度は高いですが、まだ本格的な発酵には至っていないようです。
そこで、毎日40度を越える発酵熱を発しているダンボールコンポストから菌のコロニーを少々拝借。
真ん中に大きく穴を掘り、ここに入れてやりました。やはりまだ見た目はほとんど変わっていないですね。

仕上げに米ぬかをふって、元に戻しておしまい。後はダンボールコンポスト同様発熱が始まるのを待つばかりです。

2013年1月1日火曜日

新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

2013.1.1