2012年12月17日月曜日

野菜の袋栽培―ビックリするほどよくできる(増田 繁)

野菜の袋栽培―ビックリするほどよくできる野菜の袋栽培―ビックリするほどよくできる
増田 繁

農山漁村文化協会 1996-05
売り上げランキング : 244999

Amazonで詳しく見る by G-Tools
最近人気が出てきている野菜の袋栽培。意外と歴史があるようで、本書の初版は1996年です。本書では安価で入手しやすいということで、大型の麻袋(南京袋)を推奨しています。しかしながら本書に書かれている米屋での入手は現在は難しく(米の流通で麻袋が使われなくなった)、コーヒーショップで入手しようとすると少々高価です。この辺りは柔軟に代替品を探す必要がありそうです。

麻袋を使い、折り返した袋の端を開いていくことで、ジャガイモやネギの土ましをしながら育てていくことも可能。これは非常に合理的な袋栽培の使い方です。何よりも狭い場所にかかわらず、土を深く大量に使用することができるので、様々な野菜の栽培ができるのが特徴です。

後半には20種類の野菜の詳しい作り方が紹介されており、通常家庭菜園で求められる野菜を一通り網羅しているので、すぐにでも袋栽培に挑戦できます。麻袋が入手できなければ、大きめの堆肥袋(ビニール袋)でも土の量は少ないですが栽培は可能なので、まずは小さく始めることも可能です。

0 件のコメント:

コメントを投稿