2012年4月30日月曜日

ナミアゲハ


ナミアゲハ(春型)がビオラにとまっていました。

バジル苗購入

バジルの苗を買ってきました。

バジルも種まきから育つまで時間がかかるので、いつも苗を購入しています。


農家でもバジルの種をきれいに揃って発芽させるのは難しいみたいで、大抵は一つのポットに10本以上の芽が出ているのです。


そこで、水につけて苗を分離。

根は半分くらい大胆に切ってしまいます。

新しい根が出てくるまで少し時間がかかりますが、丈夫な苗ができます。


全部で12株のバジルの苗ができました。

根が活着したら、トマトやナスのプランターに一緒に植える予定です。

2012年4月29日日曜日

有機物マルチのミズナ収穫・3回目

お茶殻マルチで栽培を続けているミズナ、今日また収穫しました。


暖かくなって生長が早いです。


これだけ収穫しました。

そろそろ陽が高くなってきたので、屋内栽培は終わりにします。

今後は虫が付くのを覚悟の上、ベランダに移動。

同じ鉢で、肥料をやらずにお茶殻を追加するだけの栽培を継続中です。

ハナビシソウ(エスコルチア)


ハナビシソウの苗を植えてみました。エスコルチアとラベルに書いてあって「何の花だろう?」とお店でしばらく悩んでいました。


花壇でチューリップをひっこ抜いて場所作り。

次にパンジーを掘り起こして、少し右側に移動。

こぼれ種ノースポールを掘り起こして、これをパンジーの奥に移動。

そうこうして、定植完了しました。

梅雨の頃までは花を楽しめるのではないかと思います。

2012年4月28日土曜日

ナスとピーマンの苗を買ってきました

今年も連休がやってきました。家庭菜園も一番楽しい季節です。

多くの野菜苗を種から育てていますが、ナスとピーマンは毎年苗を買ってきます。


ナスは千両2号の接ぎ木苗を購入。


ベルグアースという会社の苗で、調べて見ると単に接ぎ木をするだけではなく、台木の根を全部切り、新たに発根させフレッシュなな状態で出荷するというこだわりのある会社のようです。いつも買う苗よりもかなり高いですが、たくさん買うわけでもないので奮発してみました。


ピーマンは毎年ピーマン2株、カラーピーマン2株の組み合わせです。

ピーマンはタキイの京みどり。カラーピーマンは同じくタキイのフルーピー・レッドとイエロー。

京みどりは昨年も育てたのですが、実は中型種と知らなくて、「小さなシシトウみたいな物しかできない」と不満を言ってばかりでした。もともと小さいピーマンだったんです。

カラーピーマン・フルーピーも中型種で、イメージするような大きなパプリカとは違い、小振りな物ができるようです。


ナスを定植した横に、一緒に買ってきたルッコラの苗を植えてみました。

今年の栽培方針で今までと一番違うのは、プランターでも空いているところには何か植えること。ともかく土がむき出しになる状態をなるべく避けて、有機物マルチと様々な野菜でプランターを使い倒します。


ピーマンは、昨年までは65cmプランターに2株ずつ植えていましたが、今年は菜園プランター一つに余裕を持って1株ずつにしました。

のびのびと育ってくれることを期待しています。

2012年4月27日金曜日

ガザニアとカワラナデシコ発芽しました


今年はあまり育てたことの無い花と言うことで、ガザニアとカワラナデシコの種まきをすることにしました。

私はあまりセルトレイを使わないのですが、今回はセルトレイに種まきをしました。乾燥しやすいのであまり好きでなかったのですが、今回は多めに苗が欲しかったので使ってみることにしたのです。


ガザニアは1週間程度で発芽して、2週間経った今は小さいながらも本葉が見えてきました。


カワラナデシコは双葉が小さく、周りに次々に生えてくるハコベと区別が付くかどうか心配していましたが、ハコベよりは一回り大きいようで一安心。

それぞれ20株程度づつはポット上げできそうです。

2012年4月26日木曜日

ジャガイモ発芽しました


毎年ちびちびとジャガイモを育てています。今年の種芋は男爵。

一番小さい箱を買っても、家の庭だと半分以上余ってしまうのがもったいないですが、家庭菜園はそんな物です。


種芋を切って、庭に植え付けたのが3月25日。


それが昨日まで全く芽が出る様子が無かったので、「掘り返してみようか?」と話を始めたのがここ数日のこと。

8個の種芋から同時に芽が地表に現れるのだから、植物は絶対に育てている人の心を読んでます。間違いないです。

2012年4月25日水曜日

トマト・インゲンが発芽しました

4月8日に種まきをした花と野菜が次々に芽を出しています。


トマト・桃太郎。発芽率は4/8(50%)。

4本必要だったので、このまま4本すべて育ってくれると嬉しい。


ミニトマト・フルティカ。発芽率は2/8(25%)。

必要な2本ぎりぎり。桃太郎と同じく枯れないで~と祈るばかりです。


絶好調なのがミニトマト・小桃。発芽率は8/8(100%)。

2本あれば充分だったのだけど・・・たくさん植えたくなるな・・・


インゲン・ケンタッキー101。発芽率4/32(12.5%)。

3年前の種なので発芽率がとてつもなく悪いです。


しかも、その一つがナメクジに食べられてしまいました。

ただでさえ、数が少ないというのに・・・

古いインゲンの種は山のようにあるので、気にせずに次々と新しい種を蒔いていけば、そこそこの苗はできるのでは無いかなと割り切ることにしました。

2012年4月22日日曜日

ジャガイモの超浅植え

最近ジャガイモの超浅植えというのがはやっているらしいです。

普通じゃがいもは畑に植えて、芽が出てきたら土を寄せてと手間がかかります。

そこで考えられたのが、種芋を浅く植えて、黒マルチを使い光を遮るという方法です。収穫時にはマルチをはがすと、土の上にごろごろとジャガイモが転がっていて、掘る返す必要も無いとのことです。

現代農業2012年04月号に詳しく載っています。

そこで余った種芋を使って試して見ることにしました。


半分に切った種芋をひっくり返して、プランターに植えます。覆土しません。


そして、黒マルチでプランターを覆います。

マルチが膨らんできたらマルチを破り芽を出してやれば良いそうです。

さて、どうなるか?

サボテンの種まき

今日は以前頂いたサボテンの種をまいてみました。


底面給水ポットと種のセットです。


手元にあったシャコバサボテンの用土をいれて、さっそく種まきをしました。

ちなみにSaguaroという西部劇などに出てくる「さぼてん!」って感じの巨大な枝分かれするサボテンだそうです。1mになるまで50年。気の遠くなるような話です。

1インチまで育つのに10年かかるそうです。下の説明はCONNECTIONSより。

2012年4月14日土曜日

有機物マルチのミズナ収穫・2回目

2月の中旬のこと。前回お茶殻マルチだけで無肥状態で育てたミズナの鉢をそのまま使い、再度ミズナの栽培を行いました。


収穫したミズナの根はそのまま鉢に残っており、やったことと言えばお茶殻を新たに少々足した程度です。

お茶殻マルチをする前の土はかちんかちんに固まっていましたが、それでもミズナは根を張ってちゃんと育ったようですからたいした物です。実際にお茶殻マルチの下がどうなっているかはよく分かりません。


さすがに気温が低いので室内栽培とは言え、生長は遅いです。3月の上旬になり、ようやく本葉が生えてきました。


そして4月に入り、ものすごい勢いで葉が増えてきました。

ある程度大きくなった葉を摘んではハムスターにやっていたので、これが無ければもう少し早く大きくなったかもしれません。


そして今日収穫。大株にしないで、外側の葉を一枚ずつ摘み取りました。

今育てているタキイの「京みぞれ」という品種は、大株に育てるのではなく、外側の葉を収穫しては、新しい葉を増やして収穫するのに向いていると言うことです。

そこで、面倒ですが一枚一枚葉を摘み取ってみました。ここまで面倒をかけずとも、根元の少し上の部分で新芽を残し、まとめて切ってしまってもいいようです。

収穫後に再びいくつか種まきをしました。この芽が出てきた頃に再びお茶殻マルチを追加する予定です。

はたして、無肥状態でどこまで育つのか、実験は続きます。

2012年4月8日日曜日

種まきでストレス解消!

ここ数年、種まきはあまり手をかけず必要最小限に抑えていたのですが、やはり種まきは楽しい。いい気分転換になります。






昨日・今日種まきをしたのはこれだけの種。

ミニトマト「小桃」
ミニトマト「フルティカ」
トマト「ホーム桃太郎」
つるありインゲン「ケンタッキー101」
アフリカン・マリーゴールド「バニラ」
ガザニア「F1デイブレイク混合」
タキイ「カワラナデシコ混合」(モスバーガーのおまけ)