2011年12月11日日曜日

東京も初霜・ダンボールでマルチ


土曜日の朝、屋上のプランターには今年初めての霜が。

定植後、ちゃんと根付いたかどうか心配なタマネギ・ネオアースの苗も例外ではなく、プランターには霜が降りていました。


このプランターもお茶殻でマルチをしていく予定なのですが、毎日飲んでいるお茶だけではまだまだ順番が回ってこない。

そんなわけで、ミミズコンポストに投入予定だったダンボールを急遽マルチ材として流用することにしました。

ダンボールはちょうど上手い具合に細く裂いてあったので、土の表面を覆うように並べて完了。あっという間の作業です。

あとは、冬の間にマルチ材を増やしていって、春に自然に分解されるのを待つばかり。

2 件のコメント:

  1. 段ボール利用とはナイス!です.
    11月が暖かかっただけに師走の寒さがこたえますね.
    蓼科では地植えタマネギにビニールマルチをかぶせました.耐寒性は強いようでこれで大丈夫みたいです.お互い美味しいタマネギが出来ると良いですね.(^^)

    返信削除
  2. DORAさん、こんにちは

    いろいろとマルチに使える材料を物色していて、見つけました。勝手に分解するし、暖かそうだし。以前土にダンボールを刻んで混ぜるという話を思い出して、それならマルチに使えるかもと思い試してみました。

    上手くいくかどうかはお楽しみです。さすがに蓼科ほどの寒さはないので、寒さは大丈夫だと思いますが、ちゃんと丸くなってくれるか(^^)

    返信削除