2011年10月14日金曜日

最近のGUIDE10の使い道

以前より、GOAL NOMAD7を使って、電池の充電をしていますが、日常の用途としては7Wの太陽電池パネルはちょっと時間がかかりすぎるのが難点です。

最近では、GUIDE10を有効に活用するために、屋上に設置した太陽電池パネルを使って充電して、モバイルバッテリとして使うことが多くなりました。


NOMAD7を使ってGUIDE10を充電することの最大の欠点は、いつ充電が完了するかが予測できないこと。そのときの天候によって大きく左右されます。また自宅で一日日が差す場所を確保することも案外難しいです。

一方で、屋上に設置してある77Wの太陽電池パネルは大容量の鉛蓄電池につないであり、この鉛蓄電池を使っていつでも電気を取り出すことができます。

そこで最近は、屋上の太陽電池パネルを使い、GUIDE10を充電するようになりました。


GUIDE10はそのままモバイルバッテリとしても使えるのが大きな特徴。単3エネループ4本で4.8V1900mAh。リチウムイオン電池換算で、約2500mAh。結構な容量です。

充電したエネループを入れたGUIDE10はそのまま外に持ち出して、スマートホンの充電に使っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿