2011年1月12日水曜日

Remember the Milkで賞味期限管理

昨日のこと、妻がRemember the Milkを立ち上げて、なにやらいろいろと設定していました。何をやっていたのかというと、食料品の賞味期限の管理をRemember the Milkでできないかと考えていたようです。

例えば、私は仕事ではRemember the Milkを使って、「今日」「今週」「今月」「期限切れ」という4つのスマートリストを常時表示しています。それぞれの設定は以下の通りです。「今月」か「一ヶ月」かは好みでいいと思います。

今日 due:"Today"
今週 dueWithin:"1 week of today" (今日から1週間)
今月 dueWithin:"1 month of 1st" (1日から1ヶ月)
期限切れ dueBefore:today
賞味期限の管理であれば、以下のような組み合わせが使えそうです。基本的な構文はdueWithin:"1 week of 2 week"、これで「2週間後から1週間」を意味します。あとは様々なバリエーションを試してみてください。下の例では"food"というタグを条件に加えています。

期限切れ dueBefore:today and tag:food
1週間以内 dueWithin:"1 week of today" and tag:food
1週間~1ヶ月 dueWithin:"3 week of 1 week" and tag:food
1ヶ月~3ヶ月 dueWithin:"2 month of 1 month" and tag:food
3ヶ月以上 dueAfter:"3 month" and tag:food
一度設定すれば、スマートリストから簡単に「一ヶ月以内に賞味期限を迎える食品」という感じでリストアップできます。買ったまま長期間しまったままのレトルト食品などを忘れないようにできるかも…。

今日の読書

ミリオネアの教え、僕の気づき
河本 隆行 (著)

自己啓発という分野において、「選択」をする権利は誰にでもあります。著者の河本氏は「機会」を得て「選択」をしたことで、全く新しい人生を引き寄せました。ミリオネアの主催するセミナーの通訳というポジションです。

セミナーに参加するという行為は誰にでもあることです。セミナーで何か一つ自分の役に立つことを身につけて帰宅しようと考えるのも不思議なことではありません。著者はセミナーに参加して、ロバート・キヨサキの弟の隣に座り、ロバート本人に紹介されるという偶然、そして日本語通訳が必要という話を受け、即決する選択と決断。まさに人生を変えた偶然と選択です。

本書では著名なセミナーの舞台裏がちらっと紹介されています。日本で余り知られていないセミナーを知る少ない機会かもしれません。しかし、ネタバレにならないよう、うまく隠されています。これは実際に受講してのお楽しみと言うことでしょう。

本書を読んでも、ミリオネアには慣れないかもしれませんが、こういう人生の引き寄せ方があるんだという見本として読んでみると面白いと思います。

2 件のコメント:

  1. 初めまして、Remember The Milkの福澤と申します。

    上記案いいですね。実は、Remember The Milk本体でもTips & Tricksといって、こういう一ひねりした使い方を特集しています。毎週火曜日(日本語訳は水曜日)にブログを更新しているので、是非ともご覧ください。

    返信削除
  2. 福澤さん、こんにちは。

    Remember The Milkの方にこの記事を見つけていただいてうれしいです。公式ブログもときどき拝見しております。

    今後、Remember the Milkを使ってくことで、でいろいろな発見ができるのではないかと、楽しみにしています。

    返信削除