2011年1月28日金曜日

AT&T GoPhone - アメリカで安価に携帯電話を持つ方法

海外旅行や出張で携帯電話を使いたい。でも国際ローミングだと料金がかかりすぎて現実的でない。こんな場合、現地で携帯電話を購入してしまうのが、実は手っ取り早いです。

アメリカの場合、プリペイド式の携帯電話を身分照会なしに購入することができます。どのくらい簡単かというと、普通のスーパーに携帯電話が並んでいて、カゴに入れてレジに持って行けばそれだけで購入することができるのです。

その代表格が、AT&TのGoPhoneというプリペイド式携帯。
NOKIA 2320という基本的な機能だけの携帯電話であれば$20位で購入できます。店によっては$15分のチャージがついてくるパッケージもあり、負担は実質$5くらい。現地で2台購入して、お互い通話を続けても、まずチャージを使い切ることはありません。
購入したら、料金プランに応じたコードと主に使用する場所の郵便番号を入力してアクティベーションします。しばらくするとSMSで電話番号が送られてきて、使用可能になります。

PAY AS YOU GOのプランだと、通話をした場合は一日あたり$2チャージされるだけで、メール、IM、SMSは無制限です。

もらった電話番号は、チャージする金額により維持される期間が異なり、$25なら90日、$100払うと1年間延長されます。仕事などで同じ番号が必要な場合は、毎年$100チャージが必要ですが、正直音声通話だけでは使い切れません。

AT&Tでは$20で100MBのデータプランを用意しているので、これを購入してデータ通信で使うという手もあります。ただし、契約には

For new GoPhone customers, once the device and SIM are activated SIM cannot be used with any other device for a set period of time.

Existing customers replacing their handsets must have been active customers for at least 4 months on the date of upgrade to receive the airtime or minutes credit.

とあるので、最低4ヶ月間使わないと別の端末への差し替えはできないようです。実は現地でXperiaに差し替えてみたのですが、使用できませんでした。恐らくこの制限のためでしょう。

ちなみに、スーパーなどで売っているRefill Card(1枚目の写真の右のカード)を使ってチャージできるのですが、購入した店でアクティベートしてもらう必要があります。実は今回購入したRefill Cardはアクティベートして、レシートにもActivatedと印刷されているのにチャージできませんでした。面倒ですがインターネットでチャージした方が確実かもしれません。

高機能な電話機ではありませんが、旅行などで割り切って使うには維持費も安くお勧めです。

0 件のコメント:

コメントを投稿