2010年5月4日火曜日

ダンボールコンポスト引退

冬の寒い間に使用していたダンボールコンポストの運用を終了しました。もともと剪定くずを処理するために立ち上げたダンボールコンポストでしたが、ミミズコンポストの働きが弱くなる冬の間、メインの生ごみ処理として活躍していたものです。最近でも魚料理の後は欠かせない物でした。
冬の間の生ごみを入れ続けたダンボールはさすがにくたびれて見えます。しかし見た目ほど状態は悪くなく、まだまだ必要な強度は保っており、もうしばらく使い続けることも出来そうな感じです。
普通なら別の容器に移して熟成させるのですが、ちょうど連休のはじめに庭の畑を耕したところなので、鋤き混んで寝かせることにしました。今の季節なら2週間も寝かせればすっかり分解していることでしょう。

作業後は猫の侵入防止のため、べたがけを被せておきます。

コンポストとして使用していたダンボール。これも我が家では全く無駄にはなりません。ガムテープはさすがにゴミとして出しますが、ダンボールはハサミとカッターで細かく切ってミミズコンポストに。すべてミミズのエサとなり、いずれは土へと還っていきます。

これで、夏野菜に向けた畑の準備は完了です。

0 件のコメント:

コメントを投稿