2009年12月31日木曜日

ついにHDDレコーダを購入しました(Panasonic DMR-BW570-K)


購入してから日が経ってしまいましたが、今頃になってHDDレコーダーを購入しました。

実は我が家のHDDレコーダ購入の第一号なんです。今まではパソコンで録画(テレビのアナログ出力をキャプチャー)していたので、予約録画はテレビ側の番組表で予約、パソコン側で同じ時間にキャプチャー予約と大変面倒なことをやっていました。

これで、この苦労からも解放されます。

最近のHDDレコーダーは驚くほど軽いです。厚さもVHSデッキと比べると薄いですし、なんと言っても奥行きが短い。軽いのでディスクの開閉ボタンを押すときに後ろにずれたりすることがあるくらいです。

アクトビラ対応と言うことで早速試してみました。

アクトビラは事業開始から2年経つというのに、「とりあえずやってます」という程度の充実ぶり。TSUTAYA TVは多少まともですが、作品の検索性がとてつもなく悪く、試しに探してから視聴してみようという気になるにはかなり無理があるような気がします。

登録だけなら無料みたいなので、そのうちにTSUTAYA TVを登録してみます。

この年末年始は柄にもなく番組表を見ながら「これを撮る」「あれを見る」と忙しくしています。

2009年12月20日日曜日

ScanSnap S300とCARL DC-300で本をスキャンする


ScanSnap S300とCARLのディスクカッターが揃ったので、早速本をスキャンしてみました。

本棚から取ってきたのは「金魚の飼い方」。何となく時代を感じさせるイラストの表紙ですね。

まずはカバーを外します。カバーはあとで使うので別に取っておきます。

次に、無線綴じの本なのでカッターの性能に応じて10~20枚程度ずつ「引きちぎり」ます。

引きちぎりたいページを見開きにして、まとめてページを引っ張ると糊付けされている部分で分けることが出来ます。丁寧にやらないと勢いでページを破ってしまうことがあるので要注意です。

今回はディスクカッターの性能が20枚カットなので、10枚ずつ「引きちぎり」ました。

定格性能の5~8割で使おうというのはエンジニアの性。

次に糊の残っている部分をディスクカッターで切り落とします。今回は糊を含めて6mm程度切り落としました。

実際にディスクカッターを使ってみた感じでは、軽く数回往復させるだけで十分切れることが分かりました。変に力を入れない方が良さそうです。

最後に表紙を各ページと同じ大きさで切り出します。糊を切り落としたときの定規の位置をそのままにしておけば簡単です。

これで完成。全ページを糊が残っていないか丁寧に確認してからScanSnapにかけるようにしましょう。紙送りに失敗すると余計な手間と時間がかかってしまいます。

あとはScanSnapでノンビリとスキャンするだけです。

ScanSnap S300は10枚まで用紙をセットできますが、枚数が多いと最後の数枚は紙送りがうまくいかないことが多いようなので、例によって定格の半分くらい、今回は5枚ずつ読み込ませました。ちょっと時間がかかってしまいますが、失敗なく終えることが出来ました。

スキャンが終われば、あとはデジタル化されて、全文検索可能なPDFファイルが出来るので大変便利。古くて死蔵している本や、最近読み終わった本などをどんどんデジタル化していけば、検索可能な自分専用のライブラリの出来上がりです。

ScanSnap・・・もっと早く買っておけば良かったです。

2009年12月19日土曜日

マインドハックセミナー@大手町

昨日は佐々木正悟さんのマインドハックセミナー@大手町に参加してきました。

この種のセミナーに参加するのは初めてで、どんな雰囲気なのだろうかと不安の中、会場のITmediaまで向かいました。この日のテーマは「タスクの構造化実践編」と、サブテーマとして「GTD的方法の必要性」です。

本を読んで概略を知っているつもりでも、実際に話を聞いてみるのは大違い。「ライフハック」という考えのベースにある物をわかりやすく教えてもらいました。

「ライフハック」とは壁にぶつかったときに、小手先の技で、自分の限界を超える方法。未知の問題に対して、あきらめるのではなくて、「うまくやっている人もいる」と考えて、話を聞いてみるというもの。その「うまくやっている人」の一つがGTDです。

未知の課題に取りかかることが出来ないのは、それを認識し実行するための「地図」が無いため。この汎用の「地図」の役割を果たすのがGTDで、GTDのパターンに載せてしまえば、どんな課題にも取りかかることが出来るのです。「困った物」を「Inbox」に入れてタスクに分解することで、実行すべきことが「地図」として頭の中に出来てくる。これがGTDです。

短い時間でしたが、シンプルな原則で、未知のタスクへの取り組み方がよく分かりました。まずは身近な問題のタスクマップを作る練習をして、習慣化することを挑戦してみます。

また機会があれば、是非参加しようと思います。

カール・ペーパーカッター DC-300 購入


ScanSnap S300を購入し1週間がたちました。手元の紙がどんどんデジタル化されてHDDに入っていくのは大変気持ちのいい物です。

さて、これまでは領収証などを中心にスキャンしていましたが、古い雑誌などを処分するために裁断機を購入しました。定番はPLUS PK-513らしいですが、ちょっとそこまでは手が出せません。便利なのでしょうが置く場所も困りますので。

そこでターゲットとなったのが、カールのディスクカッター DC-300。回転刃で最大20枚までの用紙を切る能力があります。6,000円程度で片手で軽々持てる重さ(持ち運びように取っ手もついています)なので、家庭で使うには十分だと判断しました。

開梱して早速試し切り。

試し切りの相手は文具のフリーペーパー「BUN2」です。

フリーペーパーのホチキスを外して、ディスクカッターの紙当て定規をA4の位置にセット。軽く押さえてカッターを上下に往復させるだけで、簡単に裁断できました。

この通り。仕上がり具合を見ると、今までカッターで切っていたのがばかばかしく感じられます。

ポイントは正確に折り目の位置で切ろうと思わずに、折り目から1mmくらい内側で左右ページそれぞれを裁断することです。中途半端に折り目やホチキスの穴が残っているとScanSnapで紙送りに失敗しやすいので、面倒でも丁寧に切り落とすのが確実です。

あとはScanSnapにセットしてスキャンするだけ。私のもっているのはS300なので、一度に10枚までしかセットできませんが、それでも便利さを実感しています。

一度に大量にスキャンしようと思わずに、毎日習慣として少しずつ進めていくのがいいでしょう。スキャン自信は意外と楽しいので、終わりを決めておかないと、気がついたらすっかり時間が経っていたとなりかねないです。

2009年12月14日月曜日

ハック!ノート


日経ビジネスアソシエの読者プレゼントで「ハック!ノート」が当たりました。

こう言うのはほとんど当たったことがないので、ちょっとびっくり!

いきなりこんな箱が届いたので何かと思いましたが、中身は派手なオレンジ色のノート。一緒に入っていたレターで読者プレゼントといまさらながら気づいたのでした。

このノートで面白いのは右側についているアイデアボード。

会議や客先で議題や質問メモを見ながら話を進めると、どうしてもメモを書いたページと、メモを取るページを行ったり来たりすることになりますが、このアイデアボードに質問を書いた付箋を貼っておくなどするとメモを見ながら話を進められます。

他にもアクションアイテムを並べて計画を立てたり、問題解決に使ったりと応用の範囲は広そうです。

2009年12月13日日曜日

ScanSnap S300購入!


悩むこと数年。ついに買いました。ScanSnap。

日経ビジネスアソシエの整理術の記事を読み、少しは片付けなきゃと思い出始めに手を付けたのが紙の整理。単に整理と言うだけでなく、こういうガジェットいじりは好きだし、余り心理的に抵抗がない。

というわけで、ScanSnapの最新版S1300(店頭価格27,800円)を購入すべくビックカメラに行ったところ、旧モデルにAdobe Acrobat 8 Standard同梱した物が何と19,800円で並んでいたので、新モデルはやめてこちらを購入。10%ポイント還元もあってかなりお買い得でした。

本体はとっても小さくて邪魔にならないでいいです。

早速、最近役所でもらって書類や、公共料金の領収証などをどんどんスキャン。今までフラットヘッドスキャナで一枚一枚スキャンしていたのとは大違い。

便利!

まずは書類・領収書の類は貯めずに電子化することを習慣化して、整理生活の第一歩にするとしよう。

2009年12月12日土曜日

はりトルPRO


日常生活の中で、ホチキスの針を外すのって、面倒だと思いませんか?

会社ではボディがプラスチック製の針外しを使っていましたが、実は事務の人が頻繁に借りに来るのであげてしまい、そのままになっていました。

ちょうど文具屋でスチールボディの「はりトルPRO」を見かけ、買ってきました。

使い方は、綴じた針に三角部分を差し込んで、はさみのように軽く握るだけ。

ちょうど外しにくいものの代名詞のようなパッケージがあったので、試してみることに。

針の隙間に三角部分を入れて、握る。

ほとんど力をかけることなく、針を取ることができました。

どこかに飛んでいったり、針がなくなるということもなく、安心です。

こういう物があると、とりあえずなにか針を外してみたくなりそうで、ちょっと危険かも。実験はホドホドに。