2009年11月28日土曜日

深大寺・本尊元三大師像御開帳


今日は深大寺の本尊元三大師像御開帳に行ってきました。

11月27日から12月3日までと週末が一度しかないので、混雑は必死。早めに出かけることにしました。

私たちがついたときは、まだ行列はそんなに長くはない。それでも「最後尾はこちらです」の札を持った人が立っていました。

回りはきれいな紅葉なので、行列の中、ちょうどいい時間つぶしになります。

靴を脱いで本堂にあがり、大師堂へ。堂内は撮影禁止なので写真はありません。

慈恵大師像は坐像にもかかわらず2m近い大きさ。悪魔調伏の力を持つということで、しっかりと拝んできました。

これはご本尊ではありませんが、同じく元三大師像。これは角大師の姿に化けたものです。しかし屋外にあるにしては大変保存状態がいい石仏です。意外と新しいのかもしれません。

一瞬、自宅に一つ欲しいと思ったのは気の迷いか?

今日も護摩木を奉納してきました。

「借金返済・宝くじ当選」と書かれた護摩木もありましたよ・・・

偶然蕎麦供養をやっているのを見ることが出来ました。

知らなければ秘密結社の会合かと見違える光景です。

そば守観音様に蕎麦を奉納してつつがなく蕎麦供養が執り行われました。

せっかく深大寺に来たのだし、なんじゃもんじゃの木の紅葉を撮影。見事な黄色です。

門前のおそば屋さんでお昼を食べて、来年の干支の虎の置物を買って帰りました。

紅葉と御開帳とで大混雑の深大寺でした。朱印帖を持って行けば元三大師さまの御朱印を頂けたのに・・・残念。

0 件のコメント:

コメントを投稿