2009年10月4日日曜日

ブックダーツ


ブックダーツを買ってきました。12個入り420円。微妙な値段です。

一見12個入りと分からないこのパッケージは、誰でも一度は数を数えたくなります(普通は絶対に一個少ないと思うぞ・・・)

しおりはいろいろと持っているのですが、洋書を読み始めて思ったのは、外国語ならではのしおりの使い方が必要なこと。

日本語の本なら、どのあたりまで読んだかおおざっぱに分かればいいのだけど、洋書の場合、どちらのページのどの行まで読んだかが分からなくなるんです。そこで行も指し示せるブックダーツは必須アイテムです。

どうも新品のときはきつくて、さくっとページに挟んで使うのが難しいです。押し込むときに本のページが破れるのではないかと思いました。そのうちに使いやすく馴染んでくるのだと期待してます。

4 件のコメント:

  1. こんにちは

    このブックダーツ、よさそうですね。
    私も欲しいな。。確かに洋書はどこを読んでいるのかわからなくなりますし。。
    できたらどこで売っているか教えてもらえませんか?
    ページをはさむ感じで使うんでしょうか?

    返信削除
  2. greengさん、こんにちは

    とても薄い金属を二つ折りにした感じのデザインです。ページの端に出っ張らないのと、薄いので本を閉じていても気にならないのがいいです。

    私はSmithというDEFLONICS DESIGNのお店で購入しました。楽天の通販でも扱っている店がいくつかあるので、ブックダーツで検索してみてください。

    返信削除
  3. こんにちは。これ、いいですね。
    私も洋書を開くと、まず、どこからだっけ…?
    から始まっているので、付箋でも使おうかな、と思っていたところでした。

    返信削除
  4. bennyさん、こんにちは~

    ページをめくったときの抜き差しもかなり慣れてきました。やはりどこまで読んだかが一目瞭然なので便利です。

    洋書に限らず、手帳でも、何にでも、お勧めです。

    返信削除