2009年10月22日木曜日

Amazon Kindle - 到着編


今日Amazon Kindleが到着しました。

UPSの追跡情報で、今アンカレッジ、今成田、今通関・・・とわくわくしながら追いかけていましたが、今日の午後に無事到着しました。

パッケージのバーコードもしゃれています。木の下でKindleで本を読んでいる絵です。

ちなみにKindleの意味はset on fire(火を付ける)、inspire(鼓舞する)といった意味があります。さりげなく専用カバーの箱にも書かれていました。

箱を開けるといよいよKindleがその姿を現します。

Kindleの画面には電源コードを挿して、電源ボタンをスライドさせて電源を入れてくださいと表示されていました。液晶と違い、電源を切っても画面が保持される電子ペーパーならではのアイデアですね。

付属品はこれだけ。本体と充電用USBケーブル、それに簡易マニュアルだけ。

電源を入れるとKindle本体でマニュアルを読むことが出来るようになっていました。当然と言えば当然。

専用のカバーを装着してペーパーバックと大きさを比較してみました。予想よりも気持ち大きいかな?

とはいえ、ペーパーバックを持ち歩くことを考えるとはるかに楽です。何よりもいつでも平らなのでストレス無く本を読むことに集中できそうです。

とりあえず、KindleのマニュアルをKindleで読んでいるところです。

つづく・・・


関連記事
Amazon Kindle International版
Amazon Kindle - 到着編
Amazon Kindle - 電源投入編
Amazon Kindle - コンテンツ購入編
Amazon Kindle - 応用編
Amazon Kindle - 無料コンテンツを試してみる
Amazon Kindle - Audibleを試してみる
Amazon Kindle - 小技編

Kindle向け、シドニー・シェルダンの"Rage of Angels"が無料に!
KindleにCollins Cobuild英英辞典を入れて見よう