2009年10月8日木曜日

Amazon Kindle International版


昨日の午前中のこと。amazon.co.jpのトップ画面に掲載された案内が、口コミでものすごい勢いで広まっています。

その案内とは、これまで米国でのみ販売していた電子ブックリーダーのKindleを100カ国以上で利用できるようになるというアナウンスです。

海外利用時にコンテンツのダウンロードに$1.99の手数料がかかるという説明に曖昧な部分があり、日本での利用では通信料は無料という別のページの説明との整合が取れないのが謎でした。

今日になり、$1.99の手数料がかかるのは米国利用者が海外で利用するときのみと、記述が訂正されました。では、なぜこの$1.99が海外利用者にかからないのか?


これが日本から"Dead Until Dark"という書籍を購入するときの画面です。価格は$8.39です。

こちらが米国から同じ本を購入するときの画面です。価格は$6.39です。

つまり、Kindleの海外利用者は価格にすでに$2が上乗せされており、これが国際ローミングの通信費に使われていると思われます。

一方で、米国利用者が海外で利用するときに$1.99の手数料を負担するのは、この$2に相当すると考えるとすっきりします。

つまり国際利用者に対して手数料は取らないけれども、はじめから価格に上乗せされているというわけです。

それでもamazon.comから本一冊を取り寄せると送料+手数料が最低$4.99+$3.99必要なわけで、また紙質が悪く、分厚いペーパーバックは場所も取ります。元々の本の割引率を考えても十分妥当な値付けのように思います。



さて、amazon Kindleを買うべきか・・・


関連記事
Amazon Kindle International版
Amazon Kindle - 到着編
Amazon Kindle - 電源投入編
Amazon Kindle - コンテンツ購入編
Amazon Kindle - 応用編
Amazon Kindle - 無料コンテンツを試してみる
Amazon Kindle - Audibleを試してみる
Amazon Kindle - 小技編

Kindle向け、シドニー・シェルダンの"Rage of Angels"が無料に!
KindleにCollins Cobuild英英辞典を入れて見よう

10 件のコメント:

  1. 私も昨日から通信費のことは結構調べてましたけど、
    これには気づけませんでした。恐れ入りました。

    通信費を取るのに、まるで取らないような素振りの商売には
    ちょっと嫌な感じがします。が、それでも欲しいから買っちゃいます。くやしい。キーッ。

    返信削除
  2. ムニャさん、こんにちは

    私自身、納得ができなくて、amazonのページを説明からTerms and Conditionsまで読んでやはりわからない。結局amazonにSign Inしているときと、いないときの値差を見つけてこの結論になりました。

    正確なところは実際に使ってみないとわからないかもしれませんが、個人的には私もこの値差は許せる範囲なのかなと。

    返信削除
  3. RAYさん、コメントありがとうございます。^^

    +$2自体は、本を注文するときの送料を考えたら仕方ないと思えますけど、うま~く乗せてあるのがニクイですよね。

    私はいろいろ読んでもわからないからカスタマーサポートとやりとりまでしましたよ。でもなぜかはっきりした回答をくれなくて困ってました。

    残念なのが新聞です。ずいぶんな差がつくんですよ。毎日のことだから仕方ないのかしら。

    なんだかんだいっても、予約してあるんです。あと2週間。楽しみ。^^

    返信削除
  4. ムニャさん、こんにちは~

    新聞は私も調べてみましたが、たしかに高いですね。日本でサブスクリプトするとアメリカの2倍以上に。それでも日本で日経を買うよりも安いのですが・・・

    意外なところで、ボックスものがすごい安いですね。

    返信削除
  5. こんにちは

    Kibdleはいろいろなところで話題になっていますが、アマゾン(日本)のリンク先が、アメリカのアマゾンだったりして、
    とってもわかりにくかったのですが、Rayさんの記事で良くわかりました。

    ありがとうございました。

    返信削除
  6. TOEICの達人(笑い)さん、こんにちは~。
    リンクありがとうございます。

    Kindleはamazon.comの説明を読んでもわかりにくいですよね。実際に使ってみないことには分からないことが多いですが、恐らくこの価格差が米国ユーザと海外ユーザを分けるところなのかと思っています。

    PCで購入するとこの$2が不要とかだとといいのですが、Kindle版はBuy 1-Clickなので、怖くて押せていません(^^;) 多分$2高いままでしょう。

    あとはムニャさんも書かれていますが、新聞のSubscription・・・高いです。

    返信削除
  7. RAYさん、こんばんは~。新聞はちょっと諦めムードです。気軽に注文できる金額じゃないですよね。mainichだと結構安いですけど、ちょっとねぇ。^^;

    ボックスものって具体的にどんなのですか? 

    いずれにせよ、仰るとおり、実際に試してみないとわからないことばっかりですね~。ブツが届いて、とりあえず本を買わないとすることないんですものね~。

    もうお気づきかも知れませんが、イギリスだけは+$4ですね~。かわいそうに。

    wishlistがないのに不便を感じています。ブツが届くまでの間、何冊が本を選んでおこうと思うのですが、候補のリストが作れません…。その辺にメモすればいいんでしょうけど。

    あと十日くらいかな? RAYさんはまずは様子見ですか?

    取りとめもなく失礼しました。

    返信削除
  8. ムニャさん、こんにちは~

    ボックスは言われて調べてみましたが、ちょうど自分で欲しかったもののボックスセットがあっただけで、それ以外は意外と少なかったです。残念。

    イギリスは+$4なんですか・・・確かにかわいそう・・・

    Kindle・・・悩んでいましたが、オーダーしました。届くのが楽しみです。それまでに紙の本を何とかしないとならないです。

    返信削除
  9. RAYさん、こんばんは~。

    私はSherlock Holmesファンなんで、最初の一冊はThe Complete Sherlock Holmesとかそんなの買いたいと思っています。本でもおんなじようなの2冊ありますけど、ファンですから。^^;

    このニュースを読む限りは、イギリス「だけ」高い設定になっていることはあんまり広まってないように読めますがいかがでしょう。

    http://www.guardian.co.uk/technology/2009/oct/09/kindle-charges

    私は積んである紙の本は、しばらく気にしないことにしましたよ。^^

    返信削除
  10. ムニャさん、こんにちは~

    リンクを読んでみましたが、たしかにイギリスは$4高いんですね。記者が米国ユーザの海外利用$2と差があるという主張はもっとものような気がします。仕組みが広まるにしたがって、いろいろと問題になってくるかもしれませんね。

    Sherlock HolmesはフリーのPDFファイルをダウンロードして一編ずつ印刷して電車の中で読んでいました。そういえば先に進んでいないな~

    返信削除