2009年5月31日日曜日

タマネギ収穫

タマネギの葉が折れてきました。そろそろ収穫時です。
大きい物だけを選んで写真に写すとそれなりに見えるのですが、やはり全体的に小振りな物ばかり。やっぱり肥料が足りないのだろうか?
この週末に収穫したのは急な雨のために、とりあえずこれだけ。

残りはまた晴れたときにでも・・・

2009年5月27日水曜日

グラジオラス植え付け

花壇のパンジーもかなりくたびれてきました。

種まきをしたペチュニアはまだまだ。実は二つ双葉が出てきただけ。一袋全部種まきをしたのに・・・

というわけで、昨年掘り起こして保存しておいたグラジオラスを植えることにしました。
大きいしっかりとした球根は全部で8個程度。まずはこれらを植え付けて、
何もないと寂しいので、近所のホームセンターにバーベナを買いに行って植え付けてみました。

仕上げにトゲトゲマットをたくさんひいて完了。バーベナがうまい具合に横に広がってくれるといいのだけど、うまくいくかな?

2009年5月26日火曜日

生えてくる物・・・

ミミズコンポストをふるいに掛けて、残った物を大きな鉢に入れてほったらかしにしておいたら・・・

こんな状態になってました。

例によってカボチャがよく育っていること・・・

ちょっとだけ悩んでから、全部畑にまいてしまいました。すべては畑の栄養に・・・

2009年5月25日月曜日

久しぶりにブルーベリー

我が家でブルーベリーと言えば、最近のように風の強い季節は「また倒れた~」と屋上で「ドタン」という音がしたら戻しに行くという倒れる存在。

そんなブルーベリーの実がふくらみ始めました。
今年は昨年より多く収穫できるんじゃないかなと期待しています。

しかし、風が吹くと簡単に倒れるのは何とかならないだろうか?

2009年5月23日土曜日

畑の準備

今日は半年間休ませていた庭の畑を野菜の植え付けに備えて、復活させることにしました。

冬の間育てていたエン麦を刈り取り、これは干して敷わらに再利用します。あと冬の間も枯れることなく生えていたニラをすべて掘り起こして一時引越。実はニラが結構しっかりと根を張っていて一苦労でした。
掘り起こしたニラはとりあえず水を張ったバケツに入れておきます。年々株が増えていくのでこのままだと畑はニラで一杯になってしまうかも・・・。
畑に生えていたエン麦の根元や雑草は2カ所にまとめて埋めてしまいました。いまの季節なら一月もあれば跡形もなくなることでしょう。ミミズの出番です。
基本的に土を平らにする以外は耕しません。なので土は所々硬いままですが気にしません。根が土を耕して、枯れると土が根を分解する。この繰り返しでいずれいい土ができるんじゃないかと期待しています。豆科の植物なんかを植えるとどんどん深くまで根が張るのでびっくりしますよ。

とりあえず、ニラを使って小さな畑に区画を作り、ニラとニラの間で野菜を育てます。コンパニオンプランツみたいな物です? 耕さない畑でニンジンが取れるかなども試してみようか?

2009年5月22日金曜日

ペチュニア発芽

ペチュニア・パステルカラーミックスが発芽しました・・・多分・・・。いつもの使い回しの土を使っているので種まきをしたもの以外にもいろいろと発芽して、区別するのが大変です。サルビアみたいにシソ科の芽は特徴があるので見分けるのがかんたんなのですが、それ以外は結構大変。

本当にペチュニアの芽かな?

2009年5月21日木曜日

ミニトマト「千果」 開花

ミニトマト「千果」には早くも最初の花が咲きました。そろそろ定植時期ですね。

2009年5月20日水曜日

ミニカボチャ・ほっこり姫 21日目

ミニカボチャも発芽直後にナメクジに食べられてしまった苗がありますが、今のところ順調。こちらは早めに定植場所を確保してあげないとならなさそうです。

2009年5月19日火曜日

キュウリ・Vアーチ 21日目

キュウリ・Vアーチも種まきから21日目。ちょうど一枚目の本葉が出てきたところです。キュウリも8ポット中7株が育っていて非常に順調。梅雨までに充分大きくなって定植できるまでに育ってくれることを期待。

2009年5月18日月曜日

インゲン・美咲みどり 21日目

豆類は種まきをして発から芽直後の雨でナメクジに食べられてしまった苗が多いのですが、インゲン・美咲みどりは思いの外順調です。予定していた4株よりも多い7株が育っているので、庭に多めに定植するかもしれないです。

2009年5月17日日曜日

サルビア・ブルーサルビア発芽

サルビア・スカーレットキングが発芽しました。ちょっと期待よりも少ないかなという感じです。
サルビア・ファリナセア ストラータも無事に発芽。こちらも発芽数は少なめで、途中の立ち枯れやナメクジの食害が心配です。

すべてがうまくいくわけではないというのが種まきのおもしろいところなので、まずは発芽した苗を無事に育てることにします。

2009年5月16日土曜日

バラHT「聖火」

先日「聖火」に最初の花が咲きましたが、それ以降も次々に新しい花が次々に咲いています。ちょうど週末に咲いた花を写真に収めることが出来ました。まだ花が痛んでなくて綺麗。

あと二つ、手のひらほどの大きな花も咲いていたのですが、ちょっと雨に当たるだけですぐに黒ずんでしまいました。ちょっと残念。もう一つの「ホワイトクリスマス」の花が少ないのがちょっと心配です。

スイスチャード・34日目

スイスチャードの種まきから34日。葉も大きくなって茎の色も葉脈の色もはっきりと分かります。

生食用ホウレンソウという扱いで、海外のレストランではよくサラダに入っているのを見かけますが、日本では余り見かけないです。外側の葉から順番に摘んでいって生のまま食べたり野菜炒めに使えます。

もう少し大きく育ててから収穫です。大きくしすぎると硬くなるので小さなうちに収穫するのがポイントです。

2009年5月15日金曜日

チンゲンサイ・ミズナ開花

屋上の防虫ハウスの中でミズナが開花。黄色の小さい花が綺麗です。
チンゲンサイの花も咲きました。ミズナもチンゲンサイもアブラナ科らしい小さな花です。
別に花を咲かせるために育てているわけではなく、後から種をまいたミズナも順調に育っています。
チンゲンサイもかなり大きくなりました。もう一回り育つが早いか、虫に食われるのが早いか・・・。我が家ではチンゲンサイは満足に育ったことがないので、たまにはちゃんと収穫したいです。

2009年5月14日木曜日

タマネギ収穫間近

今年は苗を買ってきて育てていたタマネギもそろそろ収穫時期が近づいてきました。
菜園プランターに加えて、65cmプランターにもたくさん。
プランターだとタマネギと言ってもこんな感じです。プランターだと余り大きくならないです。

葉が枯れてくればいよいよ収穫です。

2009年5月13日水曜日

トマト「桃太郎」、ミニトマト「千果」順調

ちゃんと芽が出るか心配だったトマト「桃太郎」もここまで大きくなりました。
少し早く芽が出たミニトマト「千果」は一回り大きくなっています。もう少し立てばお店に並んでいるものと同じくらいまでそだつでしょうから、そろそろ定植の準備です。

2009年5月12日火曜日

ミミズコンポスト合体

ベランダに置いてあるミミズ御殿第2号ですが、そろそろ暑くなってきて昨年みたいにミミズが蒸し焼きになる前に木製のミミズ御殿第1号に引越をすることにしました。
こちらがおなじみのミミズ御殿第1号。最近は生ごみは隣にミミズ御殿第4号にばかりやっているので、メインのミミズ御殿と称して入れるのは雑草ばかりです。
中身はというと、前日大量に入れたパンジー・ビオラの花殻がたくさん。やっぱりミミズにとっても生ごみの方が栄養があるかな?
ミミズ御殿第2号の中身をたっぷりと入れて、久しぶりに一杯になりました。もっともたくさん雑草や花殻が入っているので、すぐに沈んでしまいます。そうなればまた花殻をたくさん入れられるわけです(生ごみじゃないの?)。

ミミズ御殿がうまく稼働してくれる限り、生ごみも雑草もたいていの有機物はここで処理できてゴミを出さずにすみます。

2009年5月10日日曜日

キュウリ・Vアーチ発芽

キュウリ・Vアーチの種まきから約2週間。8個あるポットのうち7個で発芽しました。あのタネからこんなに大きな双葉が出てくるというのも不思議。

これからは成長も早いだろうし、定植場所を確保してやらないとならないです。今のところ屋上のフェンスにはキヌサヤエンドウが育っているので、これを入れ替わりになるくらいがちょうどいいのだけど・・・

バラHT「聖火」「ホワイトクリスマス」開花

連休があけ、屋上のバラも咲き始めました。これはHT「聖火」。逆光でちょっと見にくいです。
HT「ホワイトクリスマス」。今年こそはと思ったのですが、また開花直前に雨に降られてしまいました。ついてない。白いバラは綺麗な花を写真に収めることは難しいです。

2009年5月9日土曜日

甲州道中の旅(徒歩編・その9) 日野の渡し~日野宿

日野橋交差点から現在の奥多摩街道を進み、少し進んで左折します。するとここが旧甲州街道と名前の残る道路です。ここをまっすぐ行くとハケを下り、多摩川に出ます。
多摩川の近くに日野の渡しの碑が建っていました。甲州道中はかなり長い距離を多摩川に沿って進みますが、ここで始めて川を渡ることになります。甲州道中の難所の一つです。
多摩川の土手に上がるとそこは見慣れた多摩サイでした。まさかこの辺りを歩くことになるとは。

日野の渡しは大正15年に日野橋の完成に伴い廃止されていますので、私たちは日野橋か立日橋のどちらかを渡ることになります。この日はまだ比較的新しい1988年に完成の立日橋を渡りました。都道と多摩モノレールの軌道が一体化した多摩川唯一の複合橋です。立川と日野の間にあるから立日橋なのでしょう。
立日橋を渡ると日野です。日野の由来はいくつかあるようですが、国府の狼煙台があったという伝説から飛火野が転じて火野に、そして和銅6年(713年)に日野に改められたという説が有力。日野権中納言資朝の子孫が移り住んできたという説などがありますが、資朝は佐渡に流されて処刑されているので、これは嘘っぽい気がします。

さて、日野と言えば土方歳三や井上源三郎の出身地ということで新撰組の誕生地としても知られています。この先の日野宿にはいまでも土方歳三、井上源三郎の子孫の方が住んでいます。
甲州道中が再び国道20号の旧道に(ややこしい)戻るところに、地蔵尊と馬頭観音がありました。このほかにも風化した石塔がたくさん並んでいました。この一日だけでいったい幾つの馬頭観音を見ただろうか?
そして、日野宿本陣に到着しました。この本陣の長屋門には佐藤道場があり、当時、近藤勇・土方歳三・沖田総司・井上源三郎などが稽古をしていました。まさしく新撰組発祥の地と言えます。また本陣を管理する佐藤家は土方家と縁戚で、土方歳三は若い頃はここで生活をしていました。
現在甲州道中で現存する本陣はこの日野宿本陣を含めて小原宿本陣(神奈川県相模湖町)と下花咲宿本陣(山梨県大月市)の三箇所です。江戸時代は本陣と脇本陣が並んで建っていましたが、現在は本陣のみが残っているとのことです。

明治13年には明治天皇の御幸があり、この本陣で休憩を取られています。
本陣ではボランティアの方が詳しく説明をしてくれます。土方歳三の命日が近いためか女性の見学客が多かったです。この組では男性は私一人。

写真は火災にあった後の長屋門の扉です。
戊辰戦争のときに函館で土方歳三が小姓の市村鉄之助に「日野の家族に届けて欲しい」と遺髪と写真を託したのがこの佐藤家です。約3ヶ月掛けて日野まで戻ってきた市村鉄之助をかくまったのが当主の佐藤彦五郎で、2年にわたり写真の一番奥の部屋にかくまい、新政府の探索の目に触れないようにしていたそうです。

ちなみにいま写真を撮っている部屋は土方歳三が昼寝をしたと言われる玄関の間。もっとも土方は若い頃は実家ではなくて、ほとんどこの佐藤家で暮らしていたので、どの部屋も自由に使っていたような気もします。

本陣の奥には大名が泊まる上段の間があったのですが、明治26年の火災で佐藤彦五郎の息子の家が被災したために、上段の間の部分を移築したそうです。解体するのではなく、建物をそのまま動かしたとのこと。すごい。上段の間はいまでも有山家で使われていますが未公開です。
5月9~10日はひの新選組まつり。土方歳三の140回忌ということで、大規模なパレードも行われるそうです。
日野宿近くの八坂神社です。いままで見たこと無いような神社らしくない建物。寛政12年(1800年)に建てられた本殿の覆屋がどうやらいまの建物のようです。なかに古い本殿が建っていました。もう少し神社らしい建物にしても良かったのに・・・
今日の目的地の日野駅に到着。駅っぽくない建物です。

次回はこの日の駅を出発するとして、どこまで行くか悩みます。小仏峠を越えるのはちょっと無理がありそうなので、小仏関辺りを目標にしますか。