2009年4月22日水曜日

アースデイ東京2009・番外編

会場で見かけた不思議な光景.

実はFINISHの看板を持って,ゴールのテープを持つ人と,応援する人たち.実は通りすがりの誰でもフィニッシュ出来るイベント(?)で,何かつらいことがあったとき・何か気分を盛り上げたいとき・何か鬱憤を晴らしたいときは,フィニッシュに向かって駆け込むことが出来るというものです.

実際の別のボランティアの方が両手を挙げてフィニッシュしましたが,彼らの熱烈な声援に迎えられてフィニッシュして若返った気分になったと言っていましたよ.

2 件のコメント:

  1. 初めまして、winと申します。
    アースディ東京2009のボランティアをされていたのですね!
    私も16・18・19とやりました。
    でもこのフィニッシュは知りませんでした☆
    気持ち良さそうですね^^

    実はRAYさんのことを、友人のちうこさんから聞いて
    お邪魔しました*^^*
    過去記事からいきなりですみませんでした。

    返信削除
  2. winさん、初めまして。

    はい、実はアースデイ東京のボランティアをやっていました。この「フィニッシュ」は公式なイベントではなくて、設営など力仕事をやっていた大学生ボランティアが持ち込んでいたものなんです。イベントが始まったら大混雑でそれどころではなかったみたい。ずっとテントの中に眠っていました。

    winさんもいろいろと環境問題に取り組んでいるのですね。テーマの定まらないブログですが、これからもよろしくお願いします。

    返信削除