2009年3月11日水曜日

ノートの白紙のページを一瞬で開くために

ノートを開くときに白紙のページを探したりしませんか?

実は高価な手帳やメモ帳にはページの隅にミシン目が入っていて,使った後は切り落とすようになっているものがあります.切り落としていない場所を指で押さえてノートを開くと白紙のページが必ず開くのです.

以前から普通のノートを指でちぎってみたり,はさみを携帯したりといろいろと試していましたが,やはりいまいち.ミシン目に勝るものはない.そこで普通のノートにミシン目を付けてみることにしました.
ノートの角に2cmほどミシン目ローラー(オルファ )を使ってミシン目を入れます.一枚一枚地道な作業です.
実際にちぎってみるとこんな感じです.一度折り返してから指でちょっとつまんでやれば簡単に切り離せます.多少切り口がずれていても気にしない.毎ページ手でちぎるのと比べればはるかにましというものです.
右下を指で押さえてノートを開くとこの通り.一瞬で白紙のページが開きます.結構爽快です.実は見ている人も結構驚くのです.

面倒なのを気にしないのであれば,この作業でとても使い勝手が良くなります.手帳やメモ帳代わりのノートなどではあると便利です.

0 件のコメント:

コメントを投稿