2009年3月31日火曜日

またこぼれ種の・・・

今年も出てきました.出現した場所はジャガイモのプランター.

そう,こぼれ種トマトが今年も出現しました.いったいどういう経緯でこぼれ種になるのか分かりませんが(多分ミミズコンポスト経由だと思いますが),種まきをしたトマトに先駆けて双葉が開きました.
ジャガイモのプランターに8本程度のトマトの双葉を発見.何でまぁこんなにあちこちに生えてくるのか,不思議で仕方ありません.

さて,今年は別に分けて育てるか,抜いてしまうか・・・悩ましい決断です(なにしろトマトは邪魔なので・・・)

2009年3月30日月曜日

ムスカリ開花

ムスカリの花が咲き始めました.

先週ニョキニョキと花芽をつきだしていましたが,どのプランターでも一斉に花首を伸ばし,花を開き始めました.もともとムスカリの球根を植えたところだけでなく,数年前から自然に生えてきたゼフィランサスのプランターにも花が咲いています.ゼフィランサスのプランターのムスカリは場所から考えてこぼれ種からとしか考えられません.
チューリップのプランターはムスカリとこぼれ種ノースポールで寄せ植え状態.これはこれで賑やかでよいです.
ムスカリだけを植えたプランターでもたくさんの花が咲いています.しっかりと咲いてもらってまた来年用に立派な球根を作ってもらいましょう~.

チューリップの花芽も見えてきて,いよいよ春の到来です!

2009年3月29日日曜日

ほんのふく

今日はブックカバーを買ってきました.ちょっと大きめの四六版のハードカバーの本にかぶせることが出来ます.今までは文庫本サイズのカバーを愛用していましたが,図書館に頻繁に通うようになり四六版の本を多く読むようになってきたため,このサイズのカバーも買うことにしました.

買ってきたのは「ほんのふく」という手ぬぐいブックカバー.柄は「うずまき」.
実はリバーシブルで,裏の柄は「よろけ」
もともと手ぬぐいなので手触りはよいですが,革のカバーと比べるとしっかりと本を包み込んでいるという感覚には劣るところがあります.本を読んでいるとしわになったり,よれた部分が気になったりしましたが,そのうちに慣れるでしょう.

2009年3月28日土曜日

姫シャガ株分け

このモジャモジャしたものはというと・・・2年前に我が家にやってきた姫シャガです.

地上部はすっかり枯れてしまい暖かくなり新芽が出るのを待っているところです.ちょうどいいタイミングなので株分けをして植え替えることにしました.
軽石を削って作られた鉢から姫シャガを引っこ抜くのが実は一苦労.作業の大部分はこの作業に費やされたのでした.

ともかく勝手が分からないので,細い根は豪快に切り落として,かなり無理矢理株分けを.園芸ばさみでジョキジョキと大胆に分けてしまいました.大丈夫かな?
とりあえず株分けした株を水苔で包んで,小さい方の株は元の軽石の鉢に.
もう一方の株は同じく水苔で根をくるんでから,普通に培養土に植えてみました.

こんないい加減でちゃんと新芽が出てくるのだろうか?ちょっと心配.

2009年3月26日木曜日

謎のイチゴ

我が家のベランダにはいつの頃からか謎のイチゴが育っています.

どこからやってきたのか,いつやってきたのか全く分からず.気がついてみるとプランターにその姿を現していました.
そんな種類も分からないイチゴにも花が咲きました.さてどんなイチゴが採れるのだろう?

2009年3月25日水曜日

2年目ガーデンシクラメン

これは2年目のガーデンシクラメン.初冬から新しい葉が出てきたのですが,葉ばかり育っていっこうに花が咲きません.
試しに葉をめくってみると・・・なにやら花芽のようなものが・・・暖かくなってようやく咲き始めるのだろうか?

2009年3月24日火曜日

ムスカリの花芽

先週,花芽の頭がちょっと見えたチューリップ・プランターのムスカリ.気がついてみるとにょこっと頭を持ち上げていました.
4月に入った頃にでも咲き出すだろうか?

2009年3月23日月曜日

コマツナ&ガーデンレタスミックス種まき


トマトに続いて葉物野菜も種まき開始です.

用意した種はタキイのコマツナ「夏楽天」.サカタの「チンゲンサイ」,アタリヤの「ガーデンレタスミックス」の3種類.「夏楽天」は新しい種で残りは昨年の残りです.
というわけで,コマツナ「夏楽天」の種まき.種は余るほどあるので大胆にすじ蒔きにしました.芽が出てきたら間引きが大変だぞ.
ガーデンレタスミックスも同じくすじ蒔きに.

そういえばチンゲンサイの写真を撮っていなかった・・・これはまた芽が出てきたときにでも.
ちなみにこれは3月8日に種まきをしたミズナの芽です.種まきをした直後に急に寒くなって霜まで降りてしまったので発芽までに時間がかかってしまいました.そんなミズナも小さな本葉が見え始めています.

今日種まきをしたコマツナとチンゲンサイは暖かいのでもっと早く発芽すると思います.

2009年3月22日日曜日

キヌサヤエンドウ収穫

先週実がついているのを見つけたキヌサヤエンドウは早くも収穫開始です.

これは一番最初に見つけた実で,一番大きかったもの.
これはもう少し待つかどうか悩ましい大きさです.
結局この日に収穫したのは3個だけ.夕飯の彩りとして食べてしまいました.

脇芽が育ち始めると食べきれないくらい収穫できる予定.

2009年3月21日土曜日

トマト種まき


春分の日を過ぎ,今年も本格的な種まきシーズンがやってきました.

まずは今年もおなじみのタキイのトマト「桃太郎」とミニトマト「千果」.「桃太郎」は何度も育てていますが,なかなか満足のいくものは出来ず.一方「千果」はお店でミニトマトを買う気が無くなるくらいおいしい実が出来るので,何度でも育ててみたい品種です.
「桃太郎」は全部で8ポット.
「千果」も全部で8ポットに種まきをしました.

それぞれ4本ずつ苗が出来るのが期待値です.以前も全く発芽しないと言うことがあったので,まずは芽が出るまでは安心できません.昨年なんかはあちこちでこぼれ種(?)から発芽していたというのに・・・

2009年3月20日金曜日

追分のお地蔵様

ここは東久留米市内の小金井街道.細い道の分かれるところに地蔵尊があります.以前から気になっていたのですが,車で通りすぎるばかり.今日は歩いて通る機会があったので立ち寄ってみました.
思ったよりも大きな地蔵尊です.案内書きによると『坂の地蔵様』と呼ばれ,明和5年(1768年)建立だそうです.ざっと240年建つお地蔵さん.ちゃんと祠に祀られているので古い割には状態は良いです.

追分の道標も兼ねていて,『右大山道』,『左江戸道』と記されているそうです.右は現在の小金井街道で,まっすぐ進むと府中付近で古鎌倉街道に合流します.一方,左の道は現在の所沢街道と並行して走る細い道で,地図上で追いかけていったら六角地蔵尊で所沢街道と合流,直後に青梅街道と合流しました.どうやら江戸時代の所沢街道は現在よりも少し北を走っていたようです.

調べてみたところ,江戸時代この辺りは尾張徳川家の御鷹場で,江戸屋という旅籠があったそうです(ちなみに江戸屋の建物は明治時代には市立第一小学校として使われていました).現在の小金井街道は前沢宿を起点とする街道で,『大山道』と書かれているとおり大山詣でに使われていたと思われます.

今は清瀬まで伸びている小金井街道も,江戸時代は前沢宿が起点でした.西武池袋線の東久留米駅も初めは前沢宿付近に作られるはずでしたが,地主の反対で現在の位置になりました.この辺りの話は地元では教科書にも載っていてよく覚えています.

このため,西武池袋線の線路は東久留米前後で不自然な曲がりが続くことになります.地図を見て保谷駅-前沢宿(東久留米駅予定地)-所沢駅を結ぶと非常に自然な線でつながるのが分かると思います.

今度はこの「六角地蔵尊」を見に行ってみよう~.そういえば「五里五里の石塔」はどこにあったかな?

2009年3月19日木曜日

ノック式消しゴム

ロールペンケースを使い始めてというもの,普通の四角い消しゴムは邪魔な存在になってしまい,ホルダータイプの消しゴムを探していました.そこで無印良品で手頃な消しゴムを見つけたので買ってきました.「ノック式消しゴム」です.

無印良品の製品ですが,トンボ鉛筆のMONO KNOCK 3.8(廃盤になっているようです)のOEM品のようです.トンボ鉛筆の製品は現在はもっと細い2.3mm径のMONO ZEROに変わっています.

替え消しゴムも無印から入手できるので,まずはこの消しゴムをペンケースに忍ばせて使ってみることにします.

2009年3月18日水曜日

ミツバチ登場

我が家にも今年最初のミツバチが登場.パンジーとビオラの多い我が家では余り蜜の出る花はない・・・と思っていたのですが,今年始めて植えたプリムラ・マラコイデスの花を一つ一つミツバチが巡っていました.意外と蜜が多い花なのかもしれないです.

2009年3月17日火曜日

キヌサヤエンドウ・もうすぐ収穫開始

先週植え替えをしたキヌサヤエンドウ.金曜日の暴風にも負けず,しっかりとツルをネットに絡ませて耐えぬきました.一本くらい折れているかと思っていましたが,全く問題ありませんでした.

植え替えたときにすでに花が咲いていたので,実が成っているかなと探してみると見つけました.まだ2cmくらいの小さな実ですが,あと数日で最初の収穫(1個だけ)となりそうです.
花は次々に咲き出していますので,2週間くらいしたらたくさん収穫できるようになることでしょう.

2009年3月16日月曜日

馬頭観世音塔

調布駅付近で国道20号と併走する旧甲州街道.その旧甲州街道から道一本奥に入ったところに石塔を見つけました.以前からそれらしいものがあるなと気になっていたのですが,ようやく実物を確認に行くことが出来ました.

この辺りは江戸時代に甲州街道の上石原宿・下石原宿があったところなのでこういったものがあってもそう不思議ではないです.ところが見たところ意外と新しそう.裏に回ってみると『大正十四年十月』とありました.まだまだこの頃でも馬という動物が移動に農作業にと重要な役割を持っていたのだと分かります.

東京では昭和30年代頃まで新しい馬頭観世音塔が作られたといいますから,その頃まで多摩地区でもあちこちで馬の姿を見ることが出来たのでしょう.

この石塔の周りも今はごく普通の住宅地です.

2009年3月15日日曜日

こぼれ種ノースポール

チューリップとムスカリを植え付けたプランターでこぼれ種のノースポールが咲き出しました.放ったままなのに大変丈夫.
次々に咲きそうな感じ.
ムスカリには花芽が見えてきました.チューリップはまだまだ.もう少し時間がかかりそうです.

2009年3月12日木曜日

フリクションいろえんぴつ

最近マインドマップというものを始めたので,カラーペンをそろえることにしました.

もともと無印良品の「水性六角ツインペン」セットを買おうかと思っていたのですが,ふと見かけたのがパイロットのフリクションいろえんぴつ.店頭在庫がほとんど無いので有名なのですが,6色セットと24色セットが店頭に・・・.12色セットがあると良かったのですが,迷わず6色セット(きいろ・あか・あお・みどり・ちゃいろ・くろ)を購入しました.

さすがに24色セットはね~
「いろえんぴつ」と名前がついていますが,実際はゲルインキボールペンです.0.7mmと太めなので使いやすいです.それゆえか「いろえんぴつ」という名前が与えられているようです.このシリーズはペンに直接インクが封入されているので芯の交換が出来ません.これがちょっと残念.

ちなみにこのシリーズは色の名前を和名で統一されています.こんな感じ↓

きいろ・やまぶきいろ・みかんいろ・だいだい・あか・べにさんご
さくらいろ・ももいろ・べにいろ・あかむらさき・すみれいろ・むらさき
ぐんじょういろ・あお・そらいろ・みずいろ・きみどり・みどり
ふかみどり・おうどいろ・ちゃいろ・こげちゃいろ・ねずみいろ・くろ

下手な字ですが,早速消えるインクの実験.

左が消す前.右が消した後.

インクが乾く前にラバーでこすってしまったので少し汚くなってしまいましたが,丁寧にこすってやれば意外と綺麗に消えてくれるのでちょっとびっくりします.

早速マインドマップを書くのに使っています.色が多いと書いていて楽しい~♪

2009年3月11日水曜日

ノートの白紙のページを一瞬で開くために

ノートを開くときに白紙のページを探したりしませんか?

実は高価な手帳やメモ帳にはページの隅にミシン目が入っていて,使った後は切り落とすようになっているものがあります.切り落としていない場所を指で押さえてノートを開くと白紙のページが必ず開くのです.

以前から普通のノートを指でちぎってみたり,はさみを携帯したりといろいろと試していましたが,やはりいまいち.ミシン目に勝るものはない.そこで普通のノートにミシン目を付けてみることにしました.
ノートの角に2cmほどミシン目ローラー(オルファ )を使ってミシン目を入れます.一枚一枚地道な作業です.
実際にちぎってみるとこんな感じです.一度折り返してから指でちょっとつまんでやれば簡単に切り離せます.多少切り口がずれていても気にしない.毎ページ手でちぎるのと比べればはるかにましというものです.
右下を指で押さえてノートを開くとこの通り.一瞬で白紙のページが開きます.結構爽快です.実は見ている人も結構驚くのです.

面倒なのを気にしないのであれば,この作業でとても使い勝手が良くなります.手帳やメモ帳代わりのノートなどではあると便利です.